映画

『サウスパーク/無修正映画版』

皆様こんにちは、はまさんすーです

今回ご紹介するのは

『サウスパーク/無修正映画版』

この作品はアメリカのケーブルテレビで放送されているアニメ作品の

初の劇場版となる作品です。

アメリカのコロラド州の小さな町、サウスパークを舞台とし、

主役の4人の少年が騒動に巻き込まれたり、

騒動を巻き起こしたりするコメディアニメなのですが、その内容がまぁひどい(笑)

日本にも数多、子供に見せたくない教育によろしくないアニメというものがありますが、

このサウスパークシリーズはそんなものが目じゃないくらい最低のアニメです

ぶっち切りに際どいシモネタとエログロ、そして社会風刺のオンパレードです。

ですが、人気は根強く、1997年に始まったシリーズは今現在も続いており、

日本でも数多くのファンがいます。

この作品の何が素晴らしいかといいますと、なんと言ってもその自由さです。

差別表現、ゴア表現なんのその!切り絵風の可愛い絵柄の登場人物たちとは対照的に

その口から飛び出すのは皮肉やブラックジョーク、キワドい言葉の雨嵐。

いやぁ、表現の自由とは素晴らしいものですね。

好きな人はトコトン好きになり、嫌いな人には蛇蝎のごとく嫌われるような作品となっております。

そんなアニメの劇場版・・・。想像するだけで恐ろしいものがあります。

ご視聴になる際は、一人でこっそり見るか、嫌われてもいい人と視聴することをオススメします。

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

あらすじ&レビュー(素直な感想)

ストーリーの説明の前に主人公4人の紹介をしたいと思います。

スタン・マーシュ

どこにでもいるようなごく普通のアメリカ人。

作中屈指の常識人ですが、気苦労が絶えず、主に振り回される役回り。

彼の父、ランディの主役回にはハズレがありません(笑)

カイル・ブロフスキー

赤毛のユダヤ系アメリカ人。比較的常識人だが、神経質でちょっとキレやすい。

後述のカートマンとは犬猿の仲。弟をいじめたりいじめなかったりする。

エリック・カートマン

肥満児。クソ生意気で彼の口からはブラックなセリフしか出てこない。

差別主義者でユダヤ系のカイルを口撃しまくる。作中最強の問題児。

ケニー・マコーミック

オレンジ色のフードに顔をすっぽり隠している少年。貧乏な家庭に育つ。

フードに顔を覆われているためかセリフが不明瞭で聞き取りづらい。よく死ぬ。

他にも様々な登場人物が現れるのですが、

そのどれもが一癖も二癖もある連中で、

まともな人達は大人も子供も含めごく僅かです。

そんなある日、スタンたち少年4人は彼らが大好きなカナダのコメディアン、

テレンス&フィリップの映画を見に行きます。

ところがこの映画はR指定されており、保護者が同伴ではないと

見ることができないと追い払われしまいます。

スタンたちは悪知恵を使い、受付を騙し、劇場内に入ることに成功します。

だが、彼らが鑑賞するその映画の内容もまぁひどいもので、

シモネタと放送禁止用語とくだらないギャグのオンパレード。

案の定、劇場を出る頃には彼らはすっかりその映画に影響されてしまい、

言葉遣いが決して褒められたものではなくなってしまいます。

彼らに感化された子供たちは我先にとテレンス&フィリップの映画を見に行き、

汚い言葉遣いはパンデミックのように広がってしまうのでした。

家庭や、学校で汚い言葉を連発する彼らに保護者たちは大激怒。

全米を巻き込んでのカナダへの抗議運動を始めてしまうのでした。

抗議運動はエスカレートし、テレンス&フィリップの逮捕にまで発展してしまう。

これに激怒したカナダはアメリカを爆撃し、アメリカも逆ギレ。

最悪な戦争が幕を開けてしまうのでした。

一方、その頃、エリックとケニーはオナラに火が付くかどうかの賭けを開始し、

火が付く側に賭けたケニーは自らの屁に火を付けることに成功する。

だが、屁によって勢いのついた火はケニーの衣服に延焼し、

彼は火だるまになってしまう。全身に大火傷を負ったケニーは病院に緊急搬送され、

手術をうけることになる。が、手術も虚しくケニーは医療ミスにより死んでしまう。

戦争によってこの世界はどうなってしまうのか!

そして死んだケニーの行く先はどうなってしまうのか!

いやー、非常に興味深いストーリーですねえ。

ぜひこの先は本編でご覧下さい。ハチャメチャですから。

ネタバレ聞いても構わないよという方はこの先もどうぞ。

ここからネタバレ注意!!

ケニーは地獄に落ちてしまうのですが、そこに待ち受けていたのは地獄の悪魔サタンと、

サダム・フセインでした。(彼らはゲイカップルになってます。)

彼らは、黙示録の時は近い。テレンス&フィリップがアメリカによって処刑された時、

我々が地上を支配する時なのだと言います。

その頃、地上ではスタンたちがテレンス&フィリップの命を救うため、
言論の自由を守るため、レジスタンスを結成します。

緻密な計画と、心強い協力者の導きで米軍基地へと乗り込むスタンたち。

テレンス&フィリップの救出に成功するかと思われたその時、戦争が勃発し、事態はめちゃくちゃになってしまいます。

反カナダ派の急先鋒だったカイルママによってテレンス&フィリップは射殺され、
ついにサタンたちの地上への降臨が成就されてしまいます。

ケニーもついでにその勢いで地上に戻ってきます。

悪魔たちによって虐殺される人々。

しかし、その時、改造手術されていたカートマンの活躍によりサダム・フセインへの反撃が始まる。

そして事態は、サタンとフセインの痴情のもつれによる決裂により終息するのでした。

ケニーと仲良くなっていたサタンは迷惑をかけたお詫びに、
ケニーの願いを1つ叶えてくれると言います。

ケニーの願い、それは地上を戦争が始まる前の状態に戻してくれというものでした。

彼の願いにより生き返る人々。周囲は平和に包まれていくのでした。

しかし、戦争の前にすでに死んでいたケニーは生き返ることができません

風となって消えていくケニー。

ありがとうケニー、君のことは忘れないよ。

昇天したケニーは無事に天国へと行くことが叶い、おっぱいに囲まれて幸せそうに暮らすのでした。

めでたしめでたし。

最後に

いやー、こんなに意味のわからないあらすじを書いたのは初めてです(笑

荒唐無稽なんてもんじゃないですね。無茶苦茶です。

だが、これがいい!

これじゃなきゃダメなんですよね、サウスパークは!

物語はところどころミュージカル調で進むんですが、この歌詞もサイテーな内容なんです。

ですが、なぜかミョーに癖になる歌なんですよね。

一部の楽曲がアカデミー賞の歌曲賞にノミネートされたりしてます。

ぜひ聞いてみてください。ひどすぎて笑えますから(笑)

あと、好みの問題ですが、ご視聴の際は吹き替えではなく字幕版を私はオススメします。

この世界にサウスパーク好きが増えすぎないことを祈りながらこの作品をオススメします。

それでは皆さん、オナラに火を付ける時は気をつけて!