映画

コマンドー

皆様こんにちは、はまさんすーです

今回ご紹介するのは

『コマンドー』です


「コマンドー」は1985年にアメリカで公開されたアクション映画です。

主演はみなさんご存知のアクションスター、アーノルド・シュワルツェネッガーです。

屈強な肉体をしたシュワちゃんが暴れまわる様は、爽快そのもので、

アクション映画好きなら一度は目を通していることでしょう。

日本ではテレビ放映された時の吹き替えの言い回しが独特で、ケレン味のあるものとなっており、

一部でカルト的人気のある映画となっています。

吹き替えの声優はもちろんこの方、玄田哲章さんとなっており、

無骨なセリフを放ちながら、豪快なアクションする様子が

本作の最大の魅力となっています。

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

あらすじ

かつて精鋭部隊、コマンドーの指揮官を務めていたジョン・メイトリックスは軍を退役し、

愛娘のジョニーと山荘で静かに暮らしていた。

ある日その山荘にかつての上司、カービー将軍が現れ、

コマンドーの元隊員たちが次々と殺害されていることを伝え、

護衛たちを残して去っていく。

しかし、その直後、メイトリックスたちのいる山荘が武装集団に襲撃され、

護衛たちは殺害され、娘のジェニーがさらわれてしまう。

必死に彼らを追跡するメイトリックスだったが、メイトリックス自身も拘束されてしまう。

武装集団の正体は、昔、メイトリックス率いるコマンドー部隊によって失脚させられた、

バルベルデ共和国の元独裁者、アリアスの一味だったのだ。

そして、そのメンバーの中にはかつてのメイトリックスの部下、ベネットの姿もあった。

メイトリックスに恨みのあるベネットは一味に協力し、自分の死を偽装し、

メイトリックスに復讐する機会を伺っていたのだ。

ベネットたちの狙いは、メイトリックスの娘を人質にし、

彼に現バルベルデ共和国の大統領を暗殺させることであった。

怒りに震えるメイトリックスであったが、一味に連行され、

バルベルデ行きの飛行機へと乗せられてしまう。

果たしてメイトリクスはどうなってしまうのか!

彼の運命や如何に?!

もうこのあとはアクションの雨あられの一語に尽きます。

銃の撃ち合いからバズーカの乱射、激しい肉弾戦と、あらゆるアクションが網羅され、

視聴者を一時も飽きさせることがありません。

もうそうなってしまってはストーリーなど添え物に過ぎません。
いかにシュワちゃんが暴れられる舞台を作られるか、という境地です。

ヒロインっぽい人も出てくるのですが、そんなものもほぼどうでもいい。
むしろ、彼女もシュワちゃんがアクションするための道具に過ぎません。

飛行機で、街中で、孤島で暴れまわるシュワちゃんを堪能できる最高の一本となっております。

アクション映画にはお涙頂戴のシーンも、ラブロマンスもいらないんですよ。

ただ主役が爽快に暴れまわってくれればそれでいいのです。

たまたまテレビを付けたらこの映画がやっていた!

そんなときが一番嬉しい瞬間ですね、私は。

コーラを片手に、2時間弱時間を潰せる最高の手段が、この映画となっています。

ぜひ、みなさんもこの映画を見て、ベネットやメイトリックスのセリフの真似をするコマンドーごっこをやりましょう。

見たことある人には大ウケ間違いなしです。

ここからネタバレ注意!

見張りを付けられて飛行機に乗り込むメイトリックスだったが、一瞬の隙を突いて見張りをやっつけ、

なんとか離陸直前に飛行機から降りることに成功する。

しかし、飛行機が目的地に到着してしまえば、自分が脱出したことがバレてしまう。

タイムリミットは11時間、その間に彼は敵のアジトを暴き、娘のジェニーを奪還しなければならない!

空港に戻った彼は、残った一味の一人を発見する。

彼に口説かれていた女性、シンディを強引に仲間に引き込み、メイトリックスは見張りの連中を始末する。

敵のアジトを突き止めた彼は、武器屋を強引に破って重火器を調達するのだが、警察に捕まりそうになってしまう。

なんとか抜け出した彼は、完全武装し、水陸両用車で敵のアジトの孤島へと突撃する。

大量に配備されたアリアス一味の軍勢をメイトリックスは、

たった一人で切った張ったの大乱闘で撃破し、首謀者のアリアスもぶっ倒す。

だが、そこに因縁の相手、ベネットが立ちはだかるのだった。

激しい戦いの末、ベネットもぶっ倒すと、

メイトリックスは愛娘とシンディと共に華麗に去っていくのであった。

 

ここで、日常で使いたいコマンドー語録を紹介したいと思います。

 

待ち合わせで待たされた時→「とんでもねえ・・・待ってたんだ」


気に入ってる部分を聞かれた時→「一番気に入ってるのは・・値段だ」

協力を強要された時→「OK!(ズドン」

死んだと思われていた時→「残念だったなあ、トリックだよ」


お金をいっぱいもらった時→「10万ドルぽんとくれたぜ」

ムカつくことを言われた時→「面白い奴だな、気に入った。殺すのは最後にしてやる 」


隣の席の死体を隠したい時→「連れを起こさないでくれ。死ぬほど疲れてる」

誘いを断りたい時→「だめよ7時半に空手の稽古があるの」

シュワちゃんみたいなやつを見つけた時→「筋肉モリモリマッチョマンの変態だ 」


殺すのは最後にしてやると言った男を殺す時→「あれは嘘だ」

元グリーンベレーに勝てるもんかと言われた時→「俺だって元コマンドーだ 」


どこで使い方を習ったか聞かれた時→「説明書を読んだのよ!」

動かない機械を殴って直した時→「この手に限る」

スポンサーリンク




なにが始まるか聞かれた時→「第3次大戦だ」


使えない部下に対して→「ただのカカシですな」

様子を見に行かせる時→「見てこいカルロ」

相手に銃を捨てさせたい時→「来いよベネット!銃なんか捨ててかかって来い!」

相手に殴りかかる時→「テメェなんかこわかネェェェ!野ぁ郎ぉぉぶっ殺してやああぁぁる!」

相手にとどめを刺す時→「地獄に堕ちろ、ベネット!」

まだ誰か残っているか聞かれた時→「死体だけです」

これであなたも明日からコマンドーだ!

ご使用は用量・用法を守って正しくお使いください。

それではみなさんまたお会いしましょう。