映画

『スティーブン・キングのランゴリアーズ』

皆様こんにちは、はまさんすーです

今回ご紹介するのは

『スティーブン・キングのランゴリアーズ』です


「ランゴリアーズ」はスティーブン・キングの中編小説の1編を実写化した、ドラマ作品です。

1995年にアメリカでミニドラマシリーズとして実写化され、日本では1997年にNHKで放映されました。

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

あらすじ

ロサンゼルスからボストンへ向かうアメリカンプライド航空の飛行機は満席で離陸した。

順調にフライトを続ける航空機の中、盲目の少女・ダイナは眠りから目を覚ます。

すると、隣りに座っているはずの叔母の気配が無くなっていることに気づく。

荷物などは残っているようなのだが、姿はどこにもいない。

スチュワーデスを呼んでも応答もなく、周りの乗客に助けを求めても何も反応がない。

手探りで機内を進む彼女だったが、どこにも人の気配がない。

偶然残されていたかつらを触ってしまい、彼女は悲鳴をあげる。

その悲鳴を聞いて、10名ほどの人間が彼女と同じように眠りから目覚め、集まってくる。

そして彼らも、気づくのだった。

この飛行機で、彼ら以外の人間が全て消えてしまっていたことに・・・。

コクピットのドアを破ってみると、案の定パイロットたちも消え、飛行機は自動操縦の状態で航行していた。

偶然この飛行機に乗り合わせていたパイロットのエングルは無線を使い管制塔と連絡を取ろうとするが、繋がらず、

窓から見える街の様子もなんだかおかしい。

どことも連絡が繋がらない状況だったが、エングルは一番近い飛行場へ降りることを提案する。

エリート銀行マンのトゥーミーは理解不能な状況にパニックを起こし、正気を失いかけていた。

無事、手近な空港へ着陸することに成功した一行。

だが、なんと空港も無人ではないか。

人っ子一人いない空港を見て、彼らは地上の人間も同様に全て消えてしまったのではないかと推察する。

トゥーミーは予定と違うと怒り出し、錯乱し始め、過去の思い出を語りだす。

それは、怠け者は「ランゴリアーズ」という化物に生きたまま喰われちまうんだと脅してくる彼の父親との思い出だった・・・。

この作品は映画ではないのですが、昔、NHKでスペシャルドラマとして

前後編で二夜連続放映されたのがとても印象的で、忘れられない作品の一つです。

私の中でスティーブン・キング作品といえばこの「ランゴリアーズ」か、ホラー映画の金字塔の「It」です。

「It」はペニーワイズという偉大なキャラクターを生み出し、世界中にピエロ恐怖症の子供を作った素晴らしい作品ですが、

この「ランゴリアーズ」は純粋なホラーと言うより、ミステリーやサスペンスの雰囲気が濃い作品です。

様々な境遇を持った10人が集まり、謎の現象に見舞われ、四苦八苦するというストーリーラインで、

以前紹介した同じスティーブン・キング作品の映画「ミスト」と近い雰囲気があるかも知れません。

https://dekoi.xsrv.jp/post-120/

 

むしろ「ミスト」の原型と言ってもいいのかも知れません。

結構昔の作品ということもあって、使われているCGは今観るとチープですし、

「ミスト」のようなひりつく緊張感と、心にズシッと来る暗い感情はあまりないのですが、

今見ても純粋にストーリーが面白いです。

そしてなにより、主人公たち登場人物全員のキャラが立ってて良いです。

10人という少ない登場人物だけですので、「12人の怒れる男」のような密室劇に近いものがあります。

「ミスト」は主人公の動向をずっと追っていく形式でしたので、彼にどっぷり感情移入して楽しむ映画でしたが、

こちらの「ランゴリアーズ」は群像劇で、キャラ一人一人の思惑を観察しながら見ていく別の楽しみがありますね。

「ミスト」に出てくるようなクソ野郎もいるにはいるのですが、みんながんばって状況打開のために頑張りますし、

なにより見終わったあとの爽やかさが違います(笑)

「ミスト」は「ミスト」で素晴らしい作品でしたが、こちらの「ランゴリアーズ」も素晴らしい作品ですので

スティーブン・キング作品が好きな方にはぜひおすすめです!

ここからネタバレ注意!

スポンサーリンク



視力がない代わりに他の五感や第六感に優れたダイナはある違和感に気づく。

それは、この世界の空気には臭いもないし、音の聞こえ方も変だというものだった。

無人の空港を探索する一行は、全ての電化製品も停止していることも確認し、

時計までもが止まっていることに気づく。

腹ごなしするためにスナックなどを食べてみても味がしないのだ。

ダイナはなにか嫌な感覚がするからここから逃げたほうがいいとみんなに伝える。

その裏でトゥーミーは厳格な父親の幻覚に怯え、警備員室で銃を手に入れていた。

ミステリー作家のジェンキンスが皆を集めて自分の推理を披露するのだが、

その最中、錯乱したトゥーミーが本来の目的地に連れて行けと叫び、人質をとって銃でみんなを脅し始める。

みんなの機転で人質は脱出するのだが、トゥーミーは銃を撃ってしまう。

だが、彼の撃った銃の弾丸は胸に当たったはずなのに、跳ね返りその場でコロコロと転がってしまうだけだった。

トゥーミーを縛り上げ、ジェンキンスは彼の推理の続きを述べる。

「この世界はマッチも着かないし、飲み物の炭酸も抜けている。

飛行機の中にあった他の人の荷物もこの空港には一つもない。」

そして彼はこうまとめるのだった。

消えたのは世界の人々ではなく、我々の方で、我々は時空の裂け目に迷い込み、過去の世界に来てしまったのだ。

この過去の世界はいずれ消えゆく世界で、この場に留まれば我々も消えてしまうのだ、と。

その時ガシャガシャという異音がそこかしこから聞こえてくるようになった。

その音はどうやら近づいてくるようであった。

ただならぬ異常を感じ取った面々は、飛行機を離陸させるため燃料を補給しようとするのだが、

マッチの火のつかない世界では離陸できないのではないかと思い当たる。

みなが絶望する中、音大生のアルバートが実験をすると言って飛行機の中へ。

彼が飛行機の中でマッチを擦ると、なんと火がつくではないか。

ビールの臭いも飛行機の中では復活している。

そう、飛行機の中にはまだ「現在」が残っていたのだ。

そうと決まれば燃料を補給すればまた飛行機は飛び立てるではないか。

一行は離陸準備を着々と進めていたのだが、そこでまたクソ野郎のトゥーミーが問題を起こす。

隠し持ったナイフでダイアを刺したのだ。

逃げ出したトゥーミーを尻目に、ダイアの治療をみんなで行うのだが、そこでもトゥーミーは別の一人を刺し殺す。

なんとかダイアを機内に運び、離陸準備を進める一行。

ガシャガシャという異音がどんどんと近づいてくる。

遠くでは鉄塔が地に沈んでいき、山や木々がどんどんと消えていくではないか。

「ランゴリアーズ」がやってきたのだ。

禍々しい球体に裂けた口だけがあるようなその異形は、この世界そのものを喰らい尽くしながら近づいてくる。

間に合わない!もう滑走路や飛行機まで喰われてしまう!

とその時、ダイアがテレパシーでトゥーミーを滑走路へ誘き出した。

彼をランゴリアーズへの囮としたのだ。

ランゴリアーズたちが彼を襲っている間に彼らは無事、離陸することに成功する。

しかし、ダイアは治療の甲斐なく亡くなってしまう。

彼らはオートパイロットの航路をたどって戻れば、時空の裂け目につけるのではないかと考え、

パイロットのエングルは、元々の出航時、砂漠にオーロラがでていたことを思い出し、それが時空の裂け目に違いないと推測する。

機内のジェンキンスはふと隣で眠っている仲間を見てある事実に気づく。

この飛行機がこの世界へと来た時、起きていた人はみな消えてしまった。

私達は偶然、眠っていたからこちらへ生きてくることができたのだ。

だから戻るときも同じように眠っていなければ消えてしまうのではないか、という事実に。

眠りにつく方法は簡単で、機内の気圧を一瞬で下げれば気絶と言う形で眠りにつくことができる。

だが、その操作をするために、一人は起きていなければならないのだった。

リーダ格だったニックがこの操作役に名乗り出た。

彼は家族への伝言を仲間へと託すと、一人酸素マスクを付け、仲間たちを夢の世界へと導くのだった。

パイロットのエングルが目を覚ますと、そこにはニックの腕時計だけが残されていた。

彼らは無事、時空の裂け目を通ることができたようだ。

そして元の空港へと着陸した彼ら。

だが、そこもまた無人だった・・・。

我々はまた過去の世界へと来てしまったのかと絶望する面々。

しかし何かが違う。

この世界の空気には匂いがあるのだ。食べ物にも味がついている。

そしてなにより、ガシャガシャという異音もしない。

ざわざわ、がやがやといったなにか生命の音とでも言うのだろうか、希望の音が響いてくるのだ。

ここは「少し未来の世界」だったのだ。

現在が彼らの世界に追いついてきているのだ。

世界がどんどんと色づき始め、生命の気配が近づいてくる。

今が彼らに追いつき、空港のターミナルには人があふれる。

喜びに騒ぐ彼らを空港の人たちは訝しげに見ている。

こうして、彼らは無事元の世界へ戻ることができたのだ。

私はこのラストが好きです。

だんだんと世界に生命が吹き込まれていく感じ、人間たちがでてくる感じがとてもロマンチックで感動しました。

あと、超能力少女のアイダを殺したトゥーミーはマジでファック野郎で許せません。

ランゴリアーズのデザインも醜悪で好きですね。

邪悪なパックマンが受肉したって感じでグッドです。

過去の世界は味も匂いもしないで、ランゴリアーズに喰われて消滅していくって発想は素晴らしいですね。

そして、時空の裂け目を再び通ったあとの世界ですぐハッピーエンドにせず、

「少し未来の世界」に行ってるというちょっとしたどんでん返しする表現はめっちゃ素敵ですよね。

ホラーではよくラストにちょっと後味悪い感じを残すんですが、この作品は爽やかに終わって、それもまた良いです。

なんだか最近、年々バッドエンドが受け付けなくなってきてるんですよねえ。

年齢のせいかしら。

この作品のDVDはけっこうレアかも知れませんが、機会があればぜひ一度ご覧ください。

「トワイライトゾーン」や「グースバンプス」といったホラーテレビ番組が好きだった方には特におすすめですよ。

漫画で言ったら「アウターゾーン」みたいな雰囲気が好きな方にもぜひ。

怠け者の私は気を抜くとこの世界に置いてけぼりにされて、ランゴリアーズに喰われてしまいそうです。

それではみなさんまたお会いしましょう。